[ スポンサードリンク ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 フェブリク錠 40mg
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

フェブリクというのは、尿酸値を下げる薬のこと。

 

痛風の薬といえば、長年、ザイロリックを代表として
アロプリノール系の尿酸生成抑制薬が主流でしたが、
近年では、その立ち位置にフェブリクが取って代わりそうな勢いです。
痛風新薬、と呼ばれたりもしています。

 

 

で、フェブリク錠(フェブキソスタット)というのは、
国内では3種類あって
「フェブリク錠 10mg」
「フェブリク錠 20mg」
「フェブリク錠 40mg」の3パターンあります。

 

言うまでもないことですが、
「フェブリク錠 10mg」→「フェブリク錠 20mg」→「フェブリク錠 40mg」
の順に用量が大きく、また、尿酸値を下げる効果も高い、と考えられます。

 

 

 

で・・・
なんで、3種類もある、と思いますか?

 

たとえば、「ロキソニン錠60mg」でしたら、
「ロキソニン錠10mg」「ロキソニン錠20mg」「ロキソニン錠60mg」の
3種類ありますか?

 

ないでしょ、そんなの。

 

あるのは、「ロキソニン錠60mg」一種類だけ。

 

 

じゃあ、
どうして、フェブリク錠には、用量違いの3パターンもあるのか。

 

 

 

フェブリック

 

 

フェブリク錠を飲もう、と思うような人は
長年、尿酸値が高い状態が続いていた人です。

 

(っていうか、病院に行けば、飲みなさい、と処方されたからなのですが)

 

 

つまり、体内に尿酸結晶が蓄積している量が多い、と。

 

そんな人が、いきなり「フェブリク錠 40mg」からスタートしたら、
いったい、どうなるのか?

 

 

「フェブリク錠 40mg」といえば、
「フェブリク錠 10mg」の四倍の用量ですよね。

 

普通に考えると、効果も四倍だと思われます。

 

つまりね。
尿酸値が急激に「下がりすぎる」のですよ。

 

 

尿酸値が下がるんだったら、いいんじゃないの?

 

 

いえ、たしかに良いのですが、そのために飲んでいるのですが、
急激に尿酸値が下がるとね。
体内に多くの尿酸結晶が蓄積している人は、
尿酸値の急変によって、尿酸結晶が溶け出したり剥がれ落ちたりして
「痛風発作を誘発する」のですよ。

 

 

だから、できるだけ、尿酸バランスが急激に崩れないように、
「フェブリク錠 10mg」→ 数週間(もしくは、数ヶ月)
「フェブリク錠 20mg」→ 数週間(もしくは、数ヶ月) →「フェブリク錠 40mg」

 

・・・と段階的に増量していくのが、一般的です。

 

ちなみに、維持量は「フェブリク錠 40mg」と言われていて、
また、1日の最大摂取量は「60mg」だ、とも。

 

 

また、この段階的な増量には他にも意味があって、
はじめに少量(フェブリク錠 10mg)で、重篤な副作用のようなものが
出ていないか、という様子見、のような役割もあります。

 

まあ、お試し期間、みたいな。

 

 

それから、フェブリクは誰が飲んでも尿酸値が激下がりする、
夢の薬なんかじゃなくて、「尿酸産生過剰型」の人にしか
効果はありません。

 

 

??
なんの話?

 

 

「尿酸産生過剰型」というのはね。

 

痛風の人は、誰もが同じではなく、
体質などによって、3パターンに分かれていて、
誰もが「尿酸産生過剰型」か
「尿酸排泄低下型」か「混合型」のどれか、に分類されるのです。

 

「尿酸産生過剰型」ってのは、
体内で尿酸を作りすぎてしまう体質。

 

「尿酸排泄低下型」ってのは、
尿酸を排泄する力が弱い体質。

 

「混合型」ってのは、その両方。

 

 

フェブリクは「尿酸生成抑制薬」の一種ですから、
「尿酸産生過剰型」のタイプの人にしか、
(あるいは、混合型)
効果が期待できないわけです。

 

 

本当は、痛風の薬を始める前に
「尿酸クリアランス」という検査をして、
自分が「痛風のどのタイプなのか」というのを見極めてから、
薬を投与する、というのが理想です。

 

でも、この「尿酸クリアランス」ってのは、
蓄尿など、なかなか・・・なんと言うか、設備がいるのか、何がいるのか、
普通の小さな病院では、やってもらえません。

 

痛風外来があるところ、とか、国立病院みたいな
大きな病院では やってもらえるのでしょうけど、
私も やってもらった経験は ありません。

 

町の開業医などでは、とりあえず、
フェブリクを処方してみて(あるいは、ザイロリック)
尿酸値が下がれば、それで良し。

 

(薬をそのまま継続する、ということ。
つまり、フェブリクで尿酸値が下がったのだから、
この患者は「尿酸産生過剰型」と考えられる)

 

もし、尿酸値が下がっていなかったら、
「尿酸排泄低下型」と考えられるので薬の種類を変える。
(尿酸排泄促進薬「ベネシット錠など」)

 

 

 

でね。
その・・・患者のタイプが
「尿酸産生過剰型」か「尿酸排泄低下型」か
(あるいは、混合型か)を見極める目的も兼ねているならば、
それは「フェブリク錠 40mg」じゃなくても、「フェブリク錠 10mg」で
充分なわけです。

 

 

「フェブリク錠 40mg」は「フェブリク錠 10mg」よりも
効果は四倍かもしれませんが、副作用も四倍、と考えるのが自然です。

 

だったら、なにも、いきなり、
「フェブリク錠 40mg」スタートじゃなくても、いいだろう、というのが、
冒頭の「フェブリクいきなり40」というタイトルの意味なわけで。

 

 

ファブリク

 

 

で。
私なら、病院で、いきなり「フェブリクいきなり40」を処方されたら、
どうするか、ですが・・・

 

 

え?
誰も聞いてない?

 

 

ええと、その、あの・・
私ならね。
即、病院を変えます。
「フェブリクいきなり40」を服用したりしません。

 

 

・・・・・・・・・・・・・。

 

 

じゃあ、この「フェブリクいきなり40」の処方は間違いなのか。
・・・というと、マチガイなどではなく、大正解なんですよ。

 

 

??
どういうこと?

 

 

 

たとえば、野球で
ピッチャーが誰が見てもボールだろう、という球を投げた。
ところが、審判の判定は「ストライク」。

 

いや、ボールだろ、今のは!?

 

・・・な〜んて、抗議しても判定は覆りません。

 

審判こそがルールブックなのです。
審判がストライクと言う以上、その球は「ストライク」なんです。

 

 

ふぇぶりく

 

 

で、「フェブリクいきなり40」の話。

 

主治医は、診察して検査して、患者の体を診て
その上で「フェブリク錠 40mg」を処方したのです。

 

尿酸値がかなり高い患者なので、早急に尿酸値を下げないと危険だ、
と判断したのかどうか、よくわかりませんが、
デタラメに処方したわけではなく、検査して診察した上での
「フェブリクいきなり40」なのですから、やっぱり、それは
正解なのです。

 

 

なんか、納得できない人は、病院を変えてみるといいですよ。

 

 

だって、ほら。
次の病院、違う病院でも、やっぱり「フェブリクいきなり40」の処方だったら、
納得いくでしょ?

 

ああ、やっぱり、それで良かったんだ、って。

 

 

えっ?
次の病院が「フェブリク錠 10mg」スタートだったら、
どうするのか、って?

 

 

 

・・・・・・・・。

 

 

 

そりゃあ、まあ・・・ねえ?

 

え〜と・・あとは、ご自分で考えてください。

 

 

 

ちなみに、いきなり「フェブリク錠 40mg」を処方されたんだけど、
「フェブリク錠 10mg」しか飲みたくない、という人は、
ピルカッター(錠剤専用のカッター)で四等分して飲む、
という方法もあります。
裏技的な やり方ですけどね。

 

 

 

 

▼↓ウルトラピルカッター(APEX Ultra Pill Splitter)

 

 

━・‥…━・‥…━・‥…━
ねこきち 痛風
http://gout.tokyo/

 

 

 

 

 

 

 

【おすすめ記事(広告を含む)】