[ スポンサードリンク ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェブリクを服用中だが 体中痒い やめるべき?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

フェブリク(フェブキソスタット)というのは、痛風の薬。
尿酸値を下げる薬のこと。

 

40年ぶりに発売された新薬なので「痛風新薬」などと呼ばれています。
40年間もナニをしていたんだ、もっと早く発売してくれよ、とか・・・
そういうのは、ちょっとコッチへ置いておいて。

 

 

でね。
このフェブリクは、尿酸値を下げる効果が大きく、それでいて
副作用は少なめ、ということを目標に開発された痛風新薬なのですが、
“副作用→少なめ”というのは、従来の痛風の薬よりは
「副作用が少なめ」ということであって、少ないけど「副作用は、ある」
ということなんです。

 

 

フェブリクの一番、顕著な副作用は「肝機能低下」。
つまり・・肝機能の数値が上がってくるのですね、少しずつ。

 

フェブリクは「尿酸生成抑制薬」なので、
肝臓で尿酸が作られ過ぎるのを抑制する薬なので、
その反動で肝機能が低下するのは、ある程度、仕方が無いことです・・・

 

っていうか、肝機能を低下されることによって、
肝機能の活動を低下させて、その効果(?)で尿酸を作り過ぎないように
させているわけですから、尿酸の生成能力だけ低下させて、
他の肝機能のパワー(機能)は以前のままです、とか
そんな都合良く、いかないでしょう。

 

尿酸値だけ、ピンスポットで下がってくれる薬剤があれば いいですが、
そんなの、今の科学、現在の医学では 不可能。

 

我々に できる選択は「フェブリクを飲むか、飲まないか」だけです。

 

 

ファブリク

 

 

 

で、フェブリクの副作用の話の続き。

 

フェブリクの副作用としては、具体的には
「だるい、眠い、イライラする・・・」などが、よく聞く話ですが・・

 

東洋医学ではね。
肝臓は「目や皮膚」と関連がある、と考えられてます。

 

つまり、肝臓の不調、あるいは肝機能低下などによって、
目の不調(目がコロコロする、とか)、皮膚が痒い(かゆい)、
などの症状が起こってくるわけです。

 

 

この「皮膚がカユイ」ですが、痒いんだったら、
掻けば いいんじゃないの、と思うかもしれませんが、
虫指されのカユミなどとは違って、肝臓由来の痒みですから、
本当にカユイんですよ。

 

それこそ、(個人差はありますが)
首の後ろから背中のあたり一面にかけて、皮膚の中に
何か虫でもいるんじゃないか、と思うくらいカユイのですよ。

 

じりじり、と皮膚が熱を帯びているような気がして、
それこそ、かきむしって皮膚から血が出るくらい痒いわけです。

 

体のドコかが、こんなに痒いと、何をしていても楽しくないですし、
神経(意識)がソッチにいってしまい気を取られてしまいます。

 

たかが、痒みですが、当人にとっては
本当に つらいものです。

 

他人には、決して わからないでしょう。

 

 

で・・・
フェブリクの服用法としては、一般的には
最初は少量(フェブリク錠 10mg)からスタートして、
だんだん増量(フェブリク錠 20mg)していく。
最終的な維持量は「フェブリク錠 40mg」、というのが
通常の服用量らしいです。

 

副作用の件ですが、「フェブリク錠 40mg」を飲んでいる人に
多いように思いますけどね。
単純に考えて、「フェブリク錠 10mg」の四倍ですし。
副作用も四倍かどうかは、わかりませんが。

 

 

 

 

ファブリック

 

 

 

で、どうするか。

 

 

私なら主治医に直訴しますね。
「こんなにカユイんだ」と。
「おそらく、フェブリクの副作用だから、薬の量を減らしちゃダメですか」と。

 

特に「かゆくてツライ」ということを強調して。

 

 

もしかしたら、痒い、と言ったら、
「カユミ止め」みたいな薬を処方してくれるかもしれません。

 

でも、それって、一時しのぎみたいなもので、
根本的な解決には、なっていません。
この現象は、肝機能低下による副作用ですからね。

 

 

じゃあ、どうする?
フェブリク、やめちゃう?

 

 

フェブリクを止めるのは、飲むのを停止するだけなので、
至極、簡単ですが、尿酸値を下げる薬のおかげで
下がってくれていた尿酸値は、飲むのを止めると、たちまち
上がってしまうことになります。

 

フェブリクは痛風を治療してくれる薬じゃなくて、
「飲んでいる間だけ尿酸値を下げる薬」ですから。

 

しばらく忘れていた、痛風発作がまた、やってくるかも。

 

 

あんなに痛い思いをするのは、もう嫌だ!

 

 

・・・というわけで、う〜ん。
どうしよう。

 

 

「フェブリク錠 10mg」→「フェブリク錠 20mg」→「フェブリク錠 40mg」
と段階を経て増量してきたフェブリクですが、今度は、
「フェブリク錠 40mg」→「フェブリク錠 20mg」→「フェブリク錠 10mg」
と減らせられれば いいんですけどね。

 

主治医が、なんて言うか、どうなのか。

 

っていうか、問題は、「フェブリク錠 40mg」を飲んでいた人が
「フェブリク錠 10mg」に量を落としたときに
尿酸値 6.0mg/dl以下にできるか、どうか。

 

いえ、もし、尿酸値6以下にならなくても、
尿酸値6以下になってから数年経過(少なくとも2年以上)しているなら、
もう体内の尿酸結晶は大部分溶けている、と思われます。

 

それなら、その状態なら、尿酸値6以下でなくても、
尿酸値 7.0mg/dl以下でも充分じゃないか、と。

 

尿酸値7以上で、血液中に尿酸が溶けなくなりますからね。
尿酸値7以下(尿酸値7未満)なら、もうこれ以上、
体内に尿酸が結晶化して蓄積してこないわけですから。

 

 

そのあたりのことは、個人差があるので、
個々の体質や尿酸値の数値も違うので、なんとも言えません。

 

 

薬の種類を変えてみたって、
フェブリクをザイロリック(アロプリノール系)に変更したところで、
ドッチも「尿酸生成抑制薬」ですから、肝機能が低下することに
変わりは無いですから。

 

やっぱり、副作用は、なくならないでしょう。

 

 

ここは、ひとつ。
主治医に直訴です。
「フェブリク、少し量を減らしてもらえませんか」って。

 

 

フェブリクの量を減らしたから、といって、
副作用の「かゆみ」が治まるかどうかは、やってみないと わかりませんが・・
試してみる価値は あると思いますよ。

 

 

 

 

 

━・‥…━・‥…━・‥…━
ねこきち 痛風
http://gout.tokyo/

 

 

【おすすめ記事(広告を含む)】