[ スポンサードリンク ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 フェブリク 増量
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

フェブリク(フェブキソスタット)とは、フェブリク錠のことで、
痛風の薬のことです。

 

痛風の薬といっても、いろいろありますが、
フェブリクは尿酸値を下げる薬のこと。

 

従来は、尿酸降下薬といえば、ザイロリックなどのアロプリノール系の
尿酸生成抑制薬が主流でしたが、およそ40年ぶりに新しい痛風の薬が
発売されたことから、このフェブリクは「痛風新薬」などと呼ばれています。

 

 

・・・・とか、そんなウンチクは、どうでもいいや。

 

 

でね。
日本国内で発売されているフェブリクには、
「フェブリク錠 10mg」「フェブリク錠 20mg」「フェブリク錠 40mg」
という三種類がある、ということ。

 

一般的には、最初は「フェブリク錠 10mg」からスタートして、
期間をおいて、「フェブリク錠 20mg」「フェブリク錠 40mg」と
だんだんに増量していく、というのがセオリーです。

 

 

で、フェブリクの増量というか、期間や間隔は、どんな感じなの?

 

 

 

通風 フェブリック

 

 

 

通常、フェブリク錠の増量、および、期間は以下のような手順。

 

 

最初は「フェブリク錠 10mg」でスタート。
「フェブリク錠 10mg」で様子見、ということですね。
つまり、服用によって重篤な副作用が起こっていないか、ということ。

 

それから、フェブリク服用によって、急激に尿酸値が下がることによって、
痛風発作が誘発することが多いのです。

 

痛風発作は尿酸値が高くなると発症するイメージが強いですが、
実は、尿酸値が大きく下がっても発症するリスクが高くなります。

 

ようするに、尿酸値の変動が良くない。
尿酸値の急変が痛風を誘発する、ということ。
体内の尿酸バランスが、尿酸値の数値が大きく動くことによって
崩れてしまうわけです。

 

 

 

で・・・
「フェブリク錠 10mg」を飲み始めてから、
“2週間以上経過してから”「フェブリク錠 20mg」に増量します。

 

この「2週間以上」ということですが、
「フェブリク錠 10mg」スタートしてから、2週間経てば
「フェブリク錠 20mg」に“必ず”増量するわけでもないです。

 

あくまで「2週間以上」。
2週間後でも「2週間以上」ですし、20週後でも「2週間以上」です。

 

病院、主治医の考えにもよるかもしれませんが、
機械的に日数をカウントして、
「2週間たったから、はい、フェブリク錠 20mgね」というわけでも
ないと思います。

 

おそらく、「フェブリク錠 10mg」→「フェブリク錠 20mg」に
移行するにあたって、血液検査などをするのでは。

 

実際に「フェブリク錠 10mg」を飲み始めて、どれほどの効果が出たのか、
あるいは、効果がなかったのか、などをわかっておく必要があります。

 

 

ここで「フェブリク錠 10mg」を飲み始めてみたものの、
思ったほど尿酸値が下がらなかった、あるいは、ほとんど下がらなかった、
などというケースもあるかもしれません。

 

効果がない薬を「フェブリク錠 10mg」→「フェブリク錠 20mg」に
増量しても意味がないでしょう。

 

効果絶大な痛風新薬、と
うたわれているフェブリクですが、全ての尿酸値の高い人(高尿酸血症)
に効果があるわけでもないのです。

 

 

痛風になる人には、体質の違いによって3パターンある、
と考えられていて・・・

○尿酸産生過剰型 (尿酸を作り過ぎる)
○尿酸排泄低下型 (尿酸の排泄が弱い)
○混合型 (その両方)

・・・のドレか、なわけです。

 

 

フェブリクは(ザイロリックも)「尿酸生成抑制薬」ですので、
尿酸を作り過ぎるタイプ(尿酸産生過剰型)の人には、
大きな効果が期待できても、
尿酸の排泄が弱いタイプ(尿酸排泄低下型)の人には、
思ったほど、尿酸値が下がらない場合があるのです。

 

そんな人は、もう、お手上げか、というと、決して、
そんなことはなくて、自分の体質に合う薬に変えれば良いだけの話。

 

 

ちなみに、尿酸の排泄が弱いタイプ(尿酸排泄低下型)の人には、
「尿酸排泄促進薬」(ユリノーム、ベネシット錠など)が
処方されるようです。

 

 

 

と、いうわけで。
「フェブリク錠 10mg」→「フェブリク錠 20mg」に増量する間に、
「重篤な副作用はないか」とか
「尿酸値を下げる効果があるか」とか
「尿酸排泄低下型のタイプじゃなかったか」とか、
いろいろわかってくるわけです。

 

この、痛風のタイプの尿酸産生過剰型か、尿酸排泄低下型か、
とかいうのは、本当は、フェブリクを飲み始める前に
最初に検査しておくべきなんですけどね。

 

「尿酸クリアランス検査」といって、
自分が痛風の“どのタイプ”か診断してもらえる検査なのですが、
現実には「尿酸クリアランス」をしてくれる病院は少ないです。

 

小さな病院では、おそらく、してもらえないでしょう。

 

まあ・・
いろいろ事情があるんでしょうね。

 

 

で・・
「フェブリク錠 20mg」にまで増量したら、次のステップ。
次の目標は「フェブリク錠 40mg」に増量、なのですが・・・
その期間は、「フェブリク錠 20mg」に増量してから、さらに
“4週間以上経過してから”「フェブリク錠 40mg」に増量します。

 

「フェブリク錠 10mg」→「フェブリク錠 20mg」に増量する間に、
「2週間以上」期間をあけていますので、
「フェブリク錠 20mg」→「フェブリク錠 40mg」の増量で
「4週間以上」ということになります。

 

つまり、
「フェブリク錠 10mg」→「フェブリク錠 20mg」→「フェブリク錠 40mg」
への増量は、最短でも「2週間+4週間=6週間」となります。

 

6週間、といえば、およそ、一ヵ月半ですか。

 

 

 

・・・・というわけで。
教科書通り、というか、何というか・・・
一般的、というか、上記にような感じになるようです。

 

で、そのまま「フェブリク錠 40mg」のまま、継続、というわけで。

 

 

 

 

 

 

 

で。

 

 

 

 

ホントに、そうなのか?

 

 

 

 

 

通風 ふぇぶりっく

 

 

 

実際の現場では、たった1ヵ月半で、
「フェブリク錠 10mg」→「フェブリク錠 20mg」→「フェブリク錠 40mg」
にまで強引に増量しないんじゃないか、と思うのですが、
患者の体調、体質などの個人差や、病院や主治医の見解など、
さまざまな要因があるので一概に言えない面もあります。

 

 

たとえばね。
仮に「尿酸値 11.0mg/dl」の患者がいたとして、
尿酸値が高いので、フェブリクを飲みましょう、と。
フェブリクで尿酸値を下げましょう、と。

 

 

で、この人は真面目に服用しました、と。
「フェブリク錠 10mg」からスタートしました、と。

 

すると・・・
その結果、というか、この人は、どうやら、
尿酸産生過剰型のタイプだったようで、フェブリクで効果てき面!

 

 

「尿酸値 11.0mg/dl → 尿酸値 5.5mg/dl」 まで下がりました、と。

 

 

これって、ね。

 

もう充分じゃないですか。
十二分に効果が出てるじゃないですか。

 

「フェブリク錠 10mg」で、こんなに成果が出ているのに、
これ以上、「フェブリク錠 20mg」→「フェブリク錠 40mg」と
増量していく必要があるのか、ということです。
「フェブリク錠 10mg」の継続じゃ、ダメなのか、ということ。

 

 

「フェブリク錠 10mg」と「フェブリク錠 40mg」では、
単純に比較して、容量が四倍ですから、もしかしたら、
副作用も四倍かもしれないのです。

 

いえ、そんな簡単なものではないでしょうけど、
それでも、「フェブリク錠 10mg」よりも「フェブリク錠 40mg」
のほうがキツイ薬のはず。

 

フェブリクの よくある副作用としては、肝機能低下。
具体的には「だるい、眠い、疲れやすい、元気が無い・・」とか
いろいろありますが、これって
毎日のことですから、やっぱり、しんどいですよ。

 

 

もし、「フェブリク錠 10mg」で充分に効果が出ているなら、
セオリー通りじゃなくても、無理に増量する必要なんか、
ないと思うのです。

 

日常生活、仕事など、薬を飲みながらでも毎日、こなして
いかなくては ならないわけですから。

 

 

目安は「尿酸値 6.0mg/dl以下」です。

 

 

「尿酸値 7.0mg/dl以上」で、血液中の尿酸が
もう溶けなくなってしまい、体のあちこち(関節とか、腱とか)で
結晶化して沈着しはじめます。

 

これが痛風発作の遠因。
結晶化した尿酸が飽和状態になってくると、関節から
剥がれ落ちて痛風発作が発症するのです。

 

ですから・・
痛風発作で出ようが出まいが、
血液中に尿酸が溶けなくなる分岐点である「尿酸値 7.0mg/dl以上」
の人のことを「高尿酸血症」と言います。

 

さらに、高尿酸血症の人が痛風発作を起こしてしまうと「痛風」
というわけで。

 

 

じゃあ、なんでフェブリクを服用したときの、
尿酸値の目標数値が「尿酸値 7.0mg/dl」じゃなくて
「尿酸値 6.0mg/dl以下」なのか。

 

 

「尿酸値 7.0mg/dl以上」で尿酸が血液に溶けなくなるなら、
「尿酸値 7.0mg/dl未満」なら、文句ないんでしょ?

 

 

たしかに「尿酸値 7.0mg/dl未満」なら、もう
これ以上、尿酸が結晶化して体内に蓄積したりは しません。

 

一応、安心な数値ではあるのですが、
数年、あるいは数十年も、ずっと尿酸値が高かったような人は、
体内にたくさん、尿酸結晶が蓄積しているんです。

 

この、長年、体内に蓄積している尿酸結晶を溶かすのが、
「尿酸値 6.0mg/dl以下」なんですよ。

 

 

ちなみに、体内に蓄積した尿酸結晶が
すっかり溶けてなくなるのが、
「尿酸値 6.0mg/dl以下になってから、2年」と考えられています。

 

(フェブリクを飲み始めてから2年じゃないですよ、
あくまで、尿酸値 6.0mg/dl以下になってから、2年)

 

 

だから、目標ターゲットは、「尿酸値 6.0mg/dl以下」なんです。

 

「尿酸値 7.0mg/dl未満」じゃあ、ダメなんです。

 

 

 

通風 ファブリク

 

 

 

目標は「フェブリク錠 40mg」を飲むことじゃないんです。
「尿酸値 6.0mg/dl以下」になれば、それでいいんです。

 

その「尿酸値 6.0mg/dl以下」が(飲む人によっては)
「フェブリク錠 10mg」で達成できるのなら、
これ以上、増量する必要もない、と思います。

 

 

「フェブリク錠 10mg」を飲んでみたけど、
「尿酸値 6.0mg/dl以下」には少し届かない。
まだ、そこまでは数値が下がっていない。

 

それで増量→
・・というのなら、納得できます。

 

 

けど、
「フェブリク錠 10mg」→「フェブリク錠 20mg」→「フェブリク錠 40mg」
という飲み方が、フェブリクの飲み方のセオリーだから、とか
言われましても、ねえ?

 

「尿酸値 6.0mg/dl以下」を達成できているのに、
「フェブリク錠 20mg」→「フェブリク錠 40mg」へ
と増量する・・・とか言われましても、ねえ。

 

 

フェブリク錠の、1日の最大投与量は「60mgまで」と
されています。
また、維持量は「40mg」とも。

 

 

でもね。
肝心なことは、「フェブリク錠 40mg」を飲むことが
ゴールではない、ということ。
目標は、あくまで「尿酸値 6.0mg/dl以下」、ということ。

 

副作用も少ない、とはいえ、やっぱり
ありますので、やはり少しでも薬の量は少ないほうが
ありがたいです。
「フェブリク錠 40mg」が維持量だから、といって、
「フェブリク錠 10mg」で「尿酸値 6.0mg/dl以下」を達成できているのなら、
これ以上の増量は必要ないのではないか、と思います。

 

 

 

ただね。
以前から、ザイロリックを服用していて、
近年、発売された新薬のフェブリクに切り替えた場合。
この場合、「フェブリク錠 20mg」からスタートするケースが多いようです。

 

いえ、理由と言うか、
以前から、ザイロリックを飲んでいたのなら、もうすでに
尿酸値は低い水準で維持できているでしょうし、
フェブリクを飲んだところで、そんなに尿酸値の急変は「ない」でしょうから。

 

ってことは、すなわち、痛風発作を誘発するリスクも非常に少ない、
と考えられるから。

 

だから、「フェブリク錠 10mg」のステップを
飛ばしちゃおう、と。

 

 

それから、
「ザイロリック→腎排泄」
「フェブリク→多経路排泄」ですから、腎臓への負担も少ないです。

 

ザイロリックは、肝臓で代謝された尿酸を腎臓から排泄しますが、
フェブリクは腎臓および、胆汁でも排泄できます。
そのぶん、腎臓への負担が少ないので、多少、
腎臓が弱っている人でもフェブリクなら服用することができるので。

 

ザイロリックを長年、服用している人は
副作用など、体の負担も考えて、フェブリクへ切り替えるのも
検討してみる価値は あると思います。
少し薬価が高いですけどね。

 

まあ、フェブリクは、先発医薬品(新薬)なので、仕方がないです。
日本国内では、まだ、フェブリクの後発医薬品(ジェネリック医薬品)
は発売されていませんしね。

 

 

 

・・・・と、まあ、いろいろ
書きたいことを書きましたが、基本は
やっぱり、病院で診察を受けて主治医の指導に従う、
というのが一番でしょう。

 

主治医は、血液検査などの検査結果、
尿酸値や血圧、心臓の状態や腎臓の数値など、
総合的に判断して処方するわけですので。

 

痛風の本に書いてあるような、一般的なセオリーとは
違っていても、それは、その患者の体質、体調などの状態を
診た上での処方なのでしょう。

 

主治医の処方が、いわゆる、一般的な処方と違っていたから、といって、
ちょっとばかりコッチがいろいろ知っているからといって、
あれこれ口出しすると、診察室が険悪な雰囲気になってしまいますので、
ここは、おとなしく、主治医の判断に従うのが賢明だと思います。

 

 

 

 

 

━・‥…━・‥…━・‥…━
ねこきち 痛風
http://gout.tokyo/

 

 

 

【おすすめ記事(広告を含む)】