[ スポンサードリンク ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スイカ 尿酸値
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

痛風とスイカって、どう考えても関係なさそうですし、
スイカで痛風が改善したら苦労なんかしないよ!
と怒られそうですが、いえいえ、スイカって悪くないですよ。

 

水分が90%ですので、栄養がなさそうに思えますが、
なかなか、どうして、スイカには豊富な栄養分が含まれています。

 

スイカを食べたから・・といって、直接、
尿酸値が即座に下がるわけではありませんが、
回り回って、痛風改善に一役買ってくれるかも?

 

 

スイカが痛風改善?
どういうこと?

 

 

スイカ 尿酸値

 

 

スイカは、ビタミンA、リコピン、ビタミンCなどが
豊富に含有されているので、美容に良い、と再評価されているようです。

 

え?
美容なんか、どうでもいい?

 

 

 

ええと・・・
じゃあ、スイカに含まれているビタミンAが、
新陳代謝を促進させて、美肌を保つ、とか。
スイカのリコピンが活性酸素を取り除いてくれるので、
お肌に良い、とか・・・そういう話は、ぶっ飛ばすことにして。

 

 

尿酸値は、ね。
プリン体の多い食品の摂り過ぎで上昇する、と思っている人もいますが、
たくさんの複合的な要因が原因ですので、
食事だけが「尿酸値を上げる」わけじゃないです。

 

生まれつきの体質が一番大きな要因ですし、それ以外に
強いストレスでも尿酸値は上がりますしね。

 

ところが、人間の体はうまくできていて、
強いストレスを受けてしまうと、ストレスに立ち向かうホルモンを
分泌するわけです。

 

内臓がストレスでダメージを受けてしまわないよう
(内臓機能が落ちないように)
「副腎皮質ホルモン」という抗ストレスホルモンを分泌するわけです。

 

腎臓の上にある、副腎って臓器が分泌するのですが。

 

ところが、いくら料理の上手な料理長がいたところで、
材料がなければ、料理が作れないのと同じで、
強いストレスを受けて副腎皮質ホルモンを作ろうと思っても、
原材料がなければ、抗ストレスホルモンが作れないわけです。
ストレスと戦えないわけです。
負けてしまうわけです。
つまり、病気になったり不調になる、と。

 

じゃあ、その「副腎皮質ホルモン」の原材料・・というか、
それは何なのか、というと「ビタミンC」なわけで。

 

原材料というのは、ちょっと違うかもしれませんが、
「副腎皮質ホルモン」を作る時に、多くのビタミンCを
消費するわけです。

 

タバコを吸う人は、ビタミンCが破壊されやすいらしいので、
要注意ですね。

 

 

えっ?
スイカじゃなくても、ビタミンCは、あるだろう、って?

 

 

いや、まあ・・・
そう言われれば、その通りなのですが・・ごにょごにょ。

 

 

 

いや、ちょっと待ってください。
スイカの効力は、それだけじゃないんです。

 

スイカには「シトルリン」という成分が含まれているのですよ。

 

 

シトルリン?

 

 

この「シトルリン」にはね。
なんと・・血管拡張作用があるのです。

 

血管が広がると、どうなるか。
そりゃあ、もちろん、血流が良くなるでしょうよ。

 

 

痛風発作の最中にスイカを食べると良いってこと?

 

いえ、スイカを食べると、シトルリンの血管拡張作用のおかげで、
激痛で腫れ上がっている痛風発作の患部への血流も良くなると
考えられます。

 

それって、痛風が治まるってこと?

 

いえ、逆です。
痛みが酷くなります。

 

血流が良くなるということは、白血球も活発化しますので、
患部への血液供給も促進されて、白血球の、剥がれた尿酸結晶の破片への
攻撃も活発化してしまうのです。
よって、ますます腫れ上がってしまう・・・・と。

 

 

だっ、ダメでしょう、それじゃあ!

 

 

いや、でも、それは痛風発作の真っ最中の話。

 

そうじゃなくて、尿酸値は高めなんだけど、
痛風発作は(今は)出ていないよ、というときの話。

 

 

 

スイカ 通風

 

 

 

痛風の人はね。
どちらかというと、高血圧になってしまう傾向があるのですよ。

 

高血圧になると、血圧が高いものですから、
腎臓に負担がかかり、腎臓に負担がかかかることによって、
さらに高血圧になる、という悪循環に陥りやすいです。

 

高血圧と尿酸値は全然関係なさそうですが、
実は、遠回りですが、関係なくもないのです。

 

 

 

そこで、スイカ。

 

スイカのシトルリンの血管拡張作用で、高血圧に良い影響を与えましょう、と。
体内の血流を改善しましょう、と。

 

ちなみに、スイカのシトルリンは、あの甘くておいしい、
赤い部分よりも、皮(白いヤツとか、緑のところ)のほうが
たっぷり含まれているそうですよ。

 

カブトムシなんかに、やったりしないで、
人間が食べましょう、と。
(そういうオマエが食えよ!)

 

 

スイカの皮を食べるかどうかは別にして、
スイカの効果は、熱中症対策だけじゃなかった、
ということです。

 

 

 

 

━・‥…━・‥…━・‥…━
ねこきち 痛風
http://gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】