[ スポンサードリンク ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 肉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

夏場は暑いので汗を大量にかくので、
どうしても体内が水分不足になってきます。

 

で、重要なのが水分補給。

 

熱中症対策として、適切な冷房を・・とか、
小まめに水を飲め、とか、毎日のように言われていますね。

 

ところが、汗は水分だけでなく、塩分などの他の成分も
出て行ってしまうため、塩分なども一緒に摂ると良い、
と考えられているようです。

 

塩を舐めろ・・ってこと?

 

スポーツドリンクとかでしたら、
体に必要な成分を配合されていたりね。

 

これだけ飲んどきゃ、大丈夫・・みたいな。

 

しかしながら、いくら夏で汗をかいて塩分も失う・・とか
言ってみても、高血圧の人とか中高年の人の場合、
やっぱり塩分の摂り過ぎは気になってしまいます。

 

まあ、ほどほどが良い、ということでしょうか。

 

 

で、痛風の場合。

 

痛風の人の「痛風改善法」とか言われているものの内訳は、
今も昔も「食事療法」が基本ですが、
要するにコレは「厳しい食事制限をしろよ」ということです。

 

つまり、プリン体の多い食品を食べ過ぎるなよ、と。

 

食品に含まれているプリン体という成分は、
体内に食事として取り込まれた後、分解されて代謝されて、
最終的に「尿酸」になってしまいますからね。

 

ってことは、プリン体の多い食品を食べれば食べるほど
尿酸を過剰に生産してしまう、ということです。

 

だから、肉を食うな、魚を食うなよ、などと
昔から言われて続けていました。

 

痛風だというだけで、食べたいモノも食べられないのね・・・

 

 

通風 肉

 

 

これが一昔前の「痛風の食事療法」の概略。

 

徹底した食事療法さえしてりゃあ、痛風が治るわけでもないのにね。

 

で・・
現在では、痛風だから・・といって、それほど、厳しく、
昔ほど、節制というか、食事制限を強いられることは少なくなってきました。

 

なんでか、というと、その理由として、
「食事から体内に取り込まれるプリン体よりも、
体内で作り出されるプリン体の方が圧倒的に多い」という事実の解明が
進んできたから・・のようです。

 

 

そんなことは、もっと早く言えよ!
20年前に言えよ!

 

・・・という感じですが、まあ、医学は日々進歩している、
ということでしょうか。

 

で、「食事から体内に取り込まれるプリン体」というのは、
これはわかりますが、つまり、肉や魚などに含まれているプリン体を
口から食べることによって、分解されて代謝されて、
最終的に体内に尿酸に変わる、ということ。

 

わかりにくいのは「体内で作り出されるプリン体」の方なんですけど、
これは「体内の栄養分を人間が活動するためのエネルギーに変換」するときに
プリン体が作り出されるんです。

 

それと「体内で作り出されるプリン体」には もう一つ。
人間が生きて活動していくため、
体内の無数の細胞が日々、新陳代謝をしています。

 

細胞が新陳代謝する、ということは細胞が死んで(壊れて)、
また作り出されて・・と繰り返していくわけですが、
その、細胞が壊れるときに核というものを吐き出すのですが、
その核がプリン体になってしまうのです。

 

ということは?

 

いくら、肉や魚などを一切食べない、とか
そういう厳しい食事制限をしても、人間が生きている以上、
体内でプリン体が作り出されてしまう、ということなんです。

 

むしろ、コッチの方が多いので。

 

それから、これには個人差があって、
体内で多くのプリン体が作られる(つまり、尿酸が多く作られる)体質の人と、
それほど多く作られない体質の人がいます。

 

この、尿酸が体内が過剰に作られやすい体質の人が
痛風になりやすい人なんです(いわゆる、痛風体質)。

 

 

通風 肉 プリン体

 

 

で・・・

 

「食事から体内に取り込まれるプリン体」と「体内で作り出されるプリン体」の
比率みたいなのは、どうなっているのか、というと・・・

 

おおざっぱですが、8対2です。

 

8の方は「体内で作り出されるプリン体」
2の方は「食事から体内に取り込まれるプリン体」

 

 

ってことは?

 

圧倒的に、食事より、体内で作られる尿酸のほうが
多いってことじゃないですか。

 

ああ、あの厳しい食事制限は何だったの!?

 

いくら節制しても、減量しても、食べたいものを我慢しても
結局、プリン体って体内で作られてしまうのね!?

 

 

 

・・・・・というわけで。

 

肉を食うな、痛風なら魚を食うな、というのは、
今の時代には、あまり強制されないというか、重視されない、
というか・・う〜ん・・・あの、プリン体、プリン体と
叫んでいたアレは、いったい、何なんでしょうね。

 

 

だから、といって。
夏に汗ばかりかいて、体に水と塩は必要だから、と
水分補給と一緒に塩ばかり舐めていると、
高血圧だった人が、ますます高血圧になっちゃった・・というふうに
なるかもしれませんので。

 

たしかに体にタンパク質は必要ですが、
肉ばかり食っていると、
食事から取り込まれるプリン体は全体の比率としては「8対2」で
少なめからもしれませんけど、それでも確実に「2割」はあるんですからね。

 

毎日パクパク、肉ばかり食ってると、日々の積み重ねで、
知らないうちに尿酸値を底上げしている結果になるかもしれません。

 

 

 

と、いうわけで。

 

肉も魚もおいしいですが、ホドホドに・・・ってことで。

 

 

 

━・‥…━・‥…━・‥…━
ねこきち 痛風
http://gout.tokyo/

 

【おすすめ記事(広告を含む)】