[ スポンサードリンク ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 プリン体
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

痛風といえば「プリン体の摂りすぎに注意しましょう」
というのが鉄板・鉄則ですが、そもそも、
プリン体って何?

 

プリン体?
プリン?

 

プリンといえば、まっさきに思いつくのが、
デザートのプリン。
卵と牛乳を原料にした、あの甘くておいしい
お菓子のプリン。

 

プリンは甘いので、そのプリンをたくさん
食べ過ぎると体の中にプリンが過剰になってしまって、
それが原因で「痛風になる」・・・わけじゃないんです。

 

っていうか、まったく関係ないです。
プリン、とか。

 

 

 

「プリン体のことを“プリン”」だなんて思ってるヤツは、いねえよ!

 

・・・そう思うかもしれませんが、いえ、フツーにいますよ。

 

 

私の場合、父親が痛風だったので、父親の背中を見て育っているので、
痛風になると、どういうことになっていくのか、
だいたいのことは見て知って、わかっていましたが、
身内など身近に痛風の人がいないのなら、痛風のことを知らなくて当然です。

 

「尿酸値検査の結果(数値)を良くするために、尿に水を混ぜたら、効果ありますか?」
って訊かれたことがホントにあるんですから。

 

つまり、この人は、尿酸値検査は「尿を検査する」と
思っているんです。

 

そりゃあ、やったことがないなら、知らなくても不思議じゃないですよ。

 

尿酸値検査は、血液検査なんです。
血液中に尿酸がどれだけ(過剰に)あるか、どうか・・の検査なんです。

 

尿酸値、という言葉の中に“尿”という単語が入っていますからね。
尿酸値検査は、検尿によって検査する、と思う人がいても
おかしくないでしょう。

 

尿を検査して尿酸値がわかるなら、尿酸値を下げる、というか、
検査結果で良い数値(つまり、低い尿酸値検査結果)を出すためには
検尿して、提出する前に、こっそりと自分の尿に

 

「水を混ぜて薄めたら」

 

尿酸値そのものが下がるのではないか・・・と、この人は考えたようです。

 

 

 

それって・・・・

 

ドーピングでしょうが!?

 

 

通風 ぷりんたい

 

 

ったく、世の中、いろんな人がいますが、
はじめて痛風になったのなら、何も知らなくて当たり前です。

 

逆に、痛風でもないのに、あるいは
初めて痛風になったのに、何もかも知っているほうがおかしい。

 

と、いうわけで、痛風なんだけど、プリン体のことを知らない人がいても
何もおかしくないわけで。

 

 

で・・・
話は元に戻りますが、プリン体とは何ぞや。

 

人間の身体には無数の細胞があって、
そのたくさんの細胞が集まって人体が構成されています。

 

で、その、細胞が日々、新陳代謝を繰り返しているわけですが、
その細胞の一つ一つには「核」というものが含まれていて、
その核の中には「核酸」というものがあるのです。

 

わかりにくいですか?

 

わかりやすく説明すると、
プリン体というのは、DNA(デオキシリボ核酸)やRNA(リボ核酸)といった
細胞の核の中にある核酸などを構成する成分のことなのです。

 

 

え?
余計、わかりにくい?

 

 

なんで、プリン体というか、というと、
化学構造上「プリン環」という骨格を持つものにつけられた名称なので。

 

・・・とか言われても、さっぱりわかりませんが、
要するに、
『プリン体というものは、人間の中で分解されて代謝されたときに、
 尿酸という形で排泄される最終老廃物』なんです。

 

つまり、
「プリン体が体内で分解されて“尿酸”になる」というわけですね。

 

 

ところが、人間より、もっと下等な動物であるはずの多くの哺乳類などは、
「尿酸が最終老廃物」ではなくて、さらに尿酸を分解する代謝経路を
もっていて、尿酸をさらに、アラントインという成分に分解できるのです。

 

 

通風 プリン体

 

 

これは、どういうことか、というと、
人間の場合、プリン体で分解・代謝されてできた尿酸は、
人間の体内で それ以上、分解されないので、尿酸値が高いと
(尿酸値 7.0mg/dl以上)関節などに結晶化して蓄積していくと、
いずれ痛風になるリスクが高まってしまいます。

 

ところが、下等の動物の大半は、
人間より、さらに一歩進んだ代謝経路を持っているため
(尿酸をアラントインまで分解)体内に尿酸結晶が蓄積したりしないのです。

 

つまり、痛風にならない。

 

人間は万物の霊長のはずだったのですが、
代謝経路に関しては、下等動物より劣っている(?)のかも。

 

 

(太古の昔、人間が猿から進化した頃(?)には、
人間は、尿酸をもう一段階、分解できる代謝経路を持っていたそうですが、
人間がヒトとして進化していく過程で、この代謝経路を失ってしまったそうです。
逃がした魚は大きい! ってことですかね? え? 意味が違う?)

 

 

 

・・・・・というわけで。
いまさら、人間は猿に戻れないので、
今現在の代謝経路で、なんとかするしかない。

 

 

で、尿酸値が高くなり過ぎないように
「プリン体の摂りすぎに注意しましょう」
となるわけですね。

 

 

すぐ、忘れますが。

 

 

 

 

━・‥…━・‥…━・‥…━
ねこきち 痛風
http://gout.tokyo/

 

 

【おすすめ記事(広告を含む)】