[ スポンサードリンク ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風発作 痛い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「痛風発作の痛みを即効で治したい」
そんな方法があるのでしたら、私が教えて欲しいです。

 

 

いったん発症してしまったら、死ぬほど痛いのが痛風発作。
しかも、なかなか回復しません。

 

あまりにも痛いので、テレビを見たり、
ゲームでもしてみたら気が紛れるかな、と思ってみたりしますが、
足が痛いときは何をしても楽しくありません。
気なんかマギれません。

 

だって、実際、痛いんですから。
忘れろって方が無理でしょう。

 

 

通風 治療法

 

 

で・・
痛いのは嫌なので、自分なりに色々、試してみたりは
しているのですよ。

 

○牛乳を飲む

 

牛乳はプリン体の含有量が ほぼゼロなだけではなく、
尿酸の排泄を促進させる作用がある、ということなので、
痛風発作が出るとガンガン飲むと良い、と
昔、教えてもらったことがあります。
アメリカの文献に掲載されていたそうです。

 

で、実際に飲んでみると思ったほどの量は飲めないです。
牛乳には水と違ってカロリーがありますし、
日本人は欧米人とは体の大きさも胃腸の丈夫さ(?)も
違いますからね。

 

牛乳を飲むことで尿酸がジャンジャン排せつされたのかどうかは
わかりませんが、牛乳を飲んだら嘘のように
痛風が治まったよ・・・なんてことはありませんでした。
推奨されているほどの効果はなかったような気がします。

 

 

○生タマネギを水に晒さずに齧る

 

痛風の民間療法として有名ですね。
民間療法というのは、医学的な根拠には乏しいかもしれないけど、
口コミなどで広がって、一般に広く知られている治療法のこと。

 

玉ネギを水に・・というのは、どういうことか、というと
水洗いすると、タマネギに含まれる「硫化アリル」という
抗酸化作用のある成分が流れ出てしまうから、です。
血液サラサラの成分として知られている物質ですね。

 

この抗酸化作用が痛風発作の激痛を鎮圧する!
ということで、涙が出るまで味覚が麻痺するまで
生たまねぎを食べまくってみましたが、
私の場合、まったく効果はありませんでした。
文字通り、涙が出ました。

 

 

○痛い足に枇杷(びわ)の葉を貼る

 

っていうか、それ以前にどうやって
枇杷(ビワ)の葉を入手するんだ、という話ですが、
私の場合、たまたま、知り合いの人が庭にビワの木を
植えて育てていたので。

 

「枇杷の葉の効用」というか、
あらゆる慢性病に効く(ホントかよ?)とまで
うたわれている枇杷の葉ですが、
痛み止めとしての効果・効用も期待できるのだ、とか。

 

で・・
「枇杷の葉療法」っていうのでしょうか、
痛風発作で腫れあがっている足に塗ってみたら
(なんだろ?強烈なニオイのするヤツ。枇杷のエキス?
アルコールで浸したもの?)
私の痛風には鎮痛効果はありませんでした。
足が変な匂いするようになっただけでした。

 

私が痛風だと知って、親切に枇杷の葉をいただいた人には
全然、効果がなかったよ、とは言えなかったのですが、
どうやら痛風には、効果は期待できないような気がします。

 

 

○痛い足に馬に肉を巻きつける

 

馬肉には鎮痛消炎効果が期待できるそうです。

 

これ、私は やったことがないのですよ。
なんでか、っていうと、馬肉を入手できなかったから。

 

昔から馬肉には、捻挫や打撲での腫れや痛みを緩和させる効果がある、
と言われているので。
痛風に効くのかどうかは、試したことがないので
定かではありませんが。

 

 

○ロキソニンを飲む

 

これが一番、実践的です。
ロキソニン(ボルタレンでも可)が痛風発作のときに
手元にあるのとないのとでは、痛風の苦しみが
10倍くらい違うような気がします。

 

けど、副作用というか、胃を痛めやすいので、要注意。
飲みすぎて胃潰瘍になる人もいる、と聞いたこともあるので
服用用量を厳守したほうがいいです。

 

あと、水なしで嚥下すると食道の粘膜を傷つけやすいので、
水は必須。

 

それから空腹時も胃を悪くしやすいので、
急速に痛風の激痛が襲ってきて、食事時まで我慢できないときは
ヨーグルトやチーズ、牛乳などをロキソニンを飲む前に
食べたり(飲んだり)すると、たんぱく質が胃に膜を張ってくれるので、
少しは胃をガードできます。

 

 

結局、本当に望んでいる方法(痛風発作の痛みを即効で治す)
は、ありませんでしたね。

 

 

通風 痛み止め

 

 

最後に一つだけ重要なこと。

 

「トイレに行くこと」です。

 

どんなに痛風が痛くても、足が痛くて歩きにくくても、
トイレに行って尿を排泄する、ということが大切です。

 

痛風の人は尿酸値が高いので、できるだけ尿酸値を下げたい。
尿酸値ってのは、血液中に尿酸がどれだけあるのか、
尿酸が多すぎるのか、少ないのか、という数値のことですから、
尿酸値の高い人は、血液中に尿酸が過剰になっているわけで。

 

で、少しでも血液中に尿酸を少なくしたい。
それには、体外に尿酸を捨てなきゃ。

 

尿酸が体外に排泄される手段の大半は、尿なんです。
(便も少しアリ)

 

だから、できるだけ排尿しなきゃ。
それには、水を充分に飲まないと。

 

 

通風 水

 

 

ところがね。
痛風の場合、たいてい、足が痛いわけです。
痛風発作は足に出るとは限りませんが、一番の好発部位なわけで。

 

これが困る。
足が痛いと歩けない。

 

で・・
トイレに行きたくても足が痛いので、
なるべく我慢しよう・・・・
これが良くない。

 

水をどんどん飲むとトイレに行きたくなるから、
なるべく水を、水分を飲まないようにしよう。
これが良くない。

 

痛くて歩けないなら、尿瓶でもいいから、簡易トイレでも
この際、いいから。
恥ずかしいとか、情けないとか、そんなこと
どうでもいいから。

 

とにかく「飲んで出す」
これが大切。

 

 

夏場なら、暑いので汗をかくので、
そのぶん、他の季節よりもトイレの回数が少なくなりがちですが、
意識的に水を多めに飲んで、積極的にトイレに行くのが
望ましいです。

 

 

まあ・・
足が痛いときは、トイレに行くのも「苦行」みたいなんですけどね。

 

 

 

━・‥…━・‥…━・‥…━
ねこきち 痛風
http://gout.tokyo/

 

 

【おすすめ記事(広告を含む)】