[ スポンサードリンク ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風発作 予防
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「痛風発作が出そうになったら」

 

う〜ん・・私なら、そーですね。
特に何もしない。
「出っぱなし」です。
出るなら、出ろ・・・というわけじゃないんですが、
防ぎようがない、というか。

 

いえ、方法がないわけではないのですが・・・う〜ん。

 

一昔前なら、私の場合、
コルヒチンという薬を飲んでいました。

 

これは、どういう薬かというと、
「痛風の予兆」(「痛風の前兆」とも言います)の症状が出たとき、
このコルヒチンを1錠だけ飲むと、嘘のように
起こりかけていた、あるいは
今にも起ころうとしていた痛風の炎症が消失する、という薬。

 

痛風発作を発症させずに封じ込める薬剤、という感じですかね。
痛風発作の予防になる、というか。

 

あ、この「痛風の予兆」ってのは、
痛風発作が起こりそうなとき、事前に(自分にだけ)わかる、のですよ。
痛風発作が起こそうな箇所、たとえば、
左足の親指の付け根の関節とか、その患部がウズウズする、というか、
チクチクする、というか、何らかの違和感を感じるのです。

 

この「違和感」を感じたら、
尿酸値が日常的に高い痛風の人なら、高確率で痛風発作が
発症します。
まあ、「予告編」みたいなものです、痛風の。

 

これが「痛風の予兆」もしくは「痛風の前兆」。
言葉通りの症状ですけどね。

 

私は痛風が出そうになると、ひたすら、
コルヒチンを飲んでいました。
ひたすら、といっても、1錠だけですけど。

 

で・・2時間経過して、さらに痛風が出そうだと
また、もう一錠、コルヒチンを飲む。

 

2時間おきに1錠ずつ。
一日6錠まで。

 

 

なんで、そんなに飲むのか、って?

 

だって、病院のお医者さんが、そうしろ、っていうんですから。
病院の先生が飲め、というんですから。

 

 

 

通風対策

 

 

ですが、近年では
痛風の予兆であろうが、痛風の前兆が来ようが、
コルヒチンの服用は推奨されていないようです。

 

理由は、いろいろあるでしょうけど、
効果が大きい分、副作用も強い薬だし、
それに「痛風発作を封じこめる」ことよりも
まず「尿酸値を下げること」が痛風の治療だ、みたいなね。

 

病院によっては、コルヒチンを処方してくれないところも
あるそうですし、時代遅れの薬だと言う人もいるらしいですし。

 

私、まだ、コルヒチン、処方してもらったヤツ、
結構、持ってるんですけどね。
ストックしてあるアレ、どうしようかな。

 

もう、飲まないよね?
捨てちゃう?

 

いや、でも、これで随分、助かったりしたし。

 

それに捨ててしまうと、二度と戻ってこないというか、
今後、入手困難の薬になるような気もするし。

 

いえ、禁止薬物になった、とかじゃないんですよ。
コルヒチンによる治療(?)は
痛風発作の主流じゃなくなった、ということでしょう。

 

 

通風 防ぐ

 

 

じゃあ、どうする?

 

 

温めると、いいらしいですよ。
「足湯」とかね。

 

痛風発作が出そうな感じのとき、痛風対策として「足湯」をしたら、
出そうな感じ、ピリピリ感が治まったよ!
・・という人も実際にいましたしね。

 

温めることで血流が良くなったのかも。

 

 

ただね。
痛風発作が多発する季節は夏なんですよ。
つまり、暑い。

 

冬なら「足湯」をしたら、ホコホコと温まって、いい感じなんですが、
夏の足湯は暑いですねえ。

 

あ。
もちろん、足湯でなくても、お風呂で温まる、とかでも
いいのですけど。

 

 

通風 足湯

 

 

私の場合、基本的に「痛風発作の予防」みたいなことは
しないです。

 

痛風の予兆で、足に違和感を感じたら
「ああ、また痛風が来るんじゃないか」
・・・って不安感に襲われるのですね。

 

これが、またストレスになる。

 

ストレスのような心因的な圧力がかかると、
体に変化、というか、変調を受けます。

 

強いストレスを受けると、
体がストレスに抵抗しようとするので、
体が無意識のうちにストレスから身構えます。

 

すると、体がストレスと戦うため、
体内の血管を収縮させて臨戦態勢に入ります。

 

これが交感神経優位の状態。
この状態が長く続くと、じわじわと尿酸値が上がっていく傾向に。

 

 

だから、足に違和感を感じて痛風が来そうだと思っても、
心配ばかりしていると、逆に尿酸値が上昇したりして。

 

けど、あの激烈な痛風発作が来そうなのに、のほほん、とは
してられませんよ。

 

 

考えても、出るときは出るのですが、
どうしてもね。
憂鬱になったり、心配ばかりしてしまったりね。

 

 

通風予防

 

 

あと、痛風の予兆(痛風発作がまだ出ていない状態)で、
この段階で、もしかしたら、痛み止めの薬を飲む人もいるかもしれませんけど、
これ、無意味ですからね。

 

この場合の、痛み止めの薬というのは、
ロキソニンとかボルタレンなどの消炎鎮痛剤のこと。

 

痛風が出たら嫌だから・・というのは、
この場合、コルヒチンを服用すべきであって
(良い悪いは別として)
ロキソニン、ロキソプロフェンとかの出番じゃありません。

 

痛み止めは、あくまで対症療法というか、
痛みが出たら緩和させる、という役割なので、
痛風が出てない状態で飲んでも、ねえ。

 

まあ、痛み止めの薬は痛風が実際に出てから、
飲む飲まないを考えたらいいかな、と。

 

 

それから、こーゆー短期的な対策じゃなくて、
日常的、長期的な対策なら、やっぱり食事療法でしょう。

 

肉や魚などの酸性食品の食べる量を少なめにして、
野菜や海藻などのアルカリ性食品を増やす・・・という、
あまり気乗りのしない食事療法というか、
食生活の改善を見直すのが「痛風改善法」の王道ではあります。

 

これは要するに「尿をアルカリ性に傾ける」ことで、
尿酸の排泄を促進させる狙いがあります。

 

 

あとは、ストレスをなるべく溜めない、とかね。

 

すぐに答えが出ない、というか、
短期決戦型の「痛風予防策」ではありませんが、
痛風改善は地道な積み重ね、ということなんでしょうね。

 

 

 

 

━・‥…━・‥…━・‥…━
ねこきち 痛風
http://gout.tokyo/

 

 

 

【おすすめ記事(広告を含む)】