[ スポンサードリンク ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
痛風 夏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ビールなど、アルコール飲料を多く飲む人は、
多少なりとも、自分の肝臓をいたわる、というか、
気にしている人もいるでしょう。

 

え?
そんなこと、気にしてたら、酒なんか飲めるか、って?

 

まあ・・
たしかに、そうかもしれませんが・・・

 

 

ですが、肝臓を気にかける人はいても、
自分の腎臓を気にしている人は、少ないのでは?

 

 

でも、痛風の場合はね。
長年、罹病していると少しずつ腎臓が弱ってくる場合が多いのですよ。

 

原因は、尿酸値が高いこと。
血液中に尿酸が過剰になり過ぎていること。

 

だから、腎臓にまで、小さな結晶が沈着してきて、
腎機能が落ちてくる。

 

この「小さな結晶」というのは、尿酸結晶のこと。

 

 

 

通風 夏

 

 

 

腎臓には、いくつかの重要な働きがあるのですが、
そのうちの一つに「血液をろ過して尿を作る」というのがあります。

 

なんか、ピンと来ませんよね?
血液は赤いですし、尿は透明〜黄色っぽいですし。

 

でも、血液を濾過(ろか)して、血液を原材料して
尿を作るのですよ、腎臓が。

 

 

で、その作り出す尿ですが、そのときの体の状態、
体液のバランスなんかを自動的に(?)調節して、
尿の濃度も調整してくれるのです。

 

つまり、そのときの体調に応じて、
濃い尿を作ったり、薄い尿を作ったり。

 

 

たとえば・・
夏場で暑くて、汗をいっぱいかいてしまい、
体内が水分不足なってしまったり。

 

あるいは、ビールをたくさん飲んでしまって、
ビールを飲めば、たっぷり水分補給をした、
というイメージがありますが、実はビールには利尿作用があって
逆に体内が水分不足になってしまいます。

 

そんなとき、そういう状況のときでも、
臨機応変に体内の体液を一定の状態に保つため、
作り出す尿の濃度を調節して、今の自分の体にとって
程よい状態の量を作り出して排泄してくれるのが、腎臓なんです。

 

ふ〜ん・・
実は、縁の下の力持ちだったのね。

 

 

でね。
夏場は、どうしても汗をかいたりして、
体内の水分が不足しがち。

 

ほら、冬場に比べたら、トイレ(小便の方)の回数が
減ったりしていませんか?
冬ほど、多く行かないのではないですか。

 

 

これがね。
夏場に痛風発作が起こりやすい理由の一つでもあるのです。

 

 

痛風なんだから、尿酸値が高い。
尿酸値が高いんだから、尿酸値を下げたい。
ところが、尿酸値を下げるどころか、
血液中に尿酸が過剰になっている(だから、痛風)。
だから、できるだけ、少しでも多く、可能な限り、
尿酸を体外に排泄したい。
じゃあ、どうやれば、尿酸を排出できるの?
尿酸の排出手段として最も多く排泄できる方法が「尿」。
尿に溶けて、尿酸は尿と一緒に排泄される、ということ。

 

 

たがら、尿を出しましょう。
トイレに多く行きましょう、と。

 

 

ところが、トイレに行けば「出る」というのものでもなく、
行きたくもないのに、行っても しょうがない。

 

じゃあ、どうやったら、たくさん尿を出せるのか。

 

飲んでないのに、出ないでしょ?

 

 

だから、「痛風なら“水を飲みましょう”」と、なるのです。

 

 

1日2リットル以上の尿量を確保しましょう、なんて言いますが、
実際に、自分の尿がどれくらい出たのか、蓄尿でもしない限り、
わかんないわけですけど、まあ・・だいたいの話ですね。

 

きっちり測ったわけではなくても、
やや多めに水を飲みましょう、と。

 

そして、尿量を増やしましょう、と。

 

 

通風 水

 

 

痛風は体質による要因が大きく、
生まれつき尿酸を作りすぎるとか、尿酸の排泄能力が弱いとか、
いろいろあるんです。

 

遺伝ですよ、こんなの自分のせいじゃないですよ。
贅沢病だろ、とか言わないでね?
むかつくから。

 

 

というわけで、生まれつきの体質のせいで、
質素な生活をしていても、痩せていても、それでも痛風、
という人もいるのですが、それでもね。

 

なんか対策を立てなきゃダメでしょう。

 

 

水を飲んだだけで、水を多く飲んだくらいで
改善するほど痛風は甘いものではありませんが、
水を多めに飲むと「尿酸値を下げること」に一歩、近づきます。

 

一歩じゃ、ダメなんだ、と思うかもしれませんが、
一歩も近づかないより、ずっと良いと思います。

 

 

現在の痛風改善の主流は、「尿酸値を下げる薬」を飲むことです。
フェブリクとか、ザイロリックとか、そういうやつ。

 

薬を飲んでいる人も、薬は飲まない人も、
夏場は水分不足に陥りやすいのは同じですので、
小まめに水分補給を摂るのが良いと思います。

 

熱中症対策に水を飲みましょう、とか言われてますけどね。

 

痛風の人の場合は、
水を飲むのは「尿を多く出すため」なんですよ。

 

尿を多く出す、というより、尿量を減らさないため、
というほうが、しっくり くるかもしれませんね。

 

 

 

 

━・‥…━・‥…━・‥…━
ねこきち 痛風
http://gout.tokyo/

 

 

 

【おすすめ記事(広告を含む)】